読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ottatiのブログ

無職学生がネットにクソアプリをまき散らしていく様子

コンビニエンスストアでのコストを抑えた夕食最適化に関する研究経過報告

あああ 作った 雑記

f:id:ottati:20150103125718g:plain     🍣

今夜は家に🐸のがだるい、片道一時間半以上かかるので研究室に泊まる。そこで今回は夕食を学校の近くのコンビニで調達し、それについて考察した。

なぜわざわざコンビニエンスストアなのかというと、学校の近くにはコンビニエンスストアしかないからだ。

コンビニでのコストを抑えた夕食最適化に関する研究経過報告

コンビニエンスストアで夕飯を調達する場合500円を超えてしまう場合が多い。これは多くのユーザが普段カップヌードルを食べているので飽きてしまい、比較的高額なコンビニ弁当を買ってしまうからだ。さらにレジの横にはコンビニの主力商品である肉類が置いてあり、購入の可能性が高いことも要因の1つに挙げられる。しかし一度の夕食に置ける費用が高いと何度も調達した時に大きな打撃となる。よって一度の食費をなるべく安くする必要がある。今回は摂取カロリーを800k以上かつ食後に満腹を得られることを目標とし、コンビニエンスストアで夕食を調達する。また、予算は310円以内を目標とする。これは学食の定食が310円であるからである。

手法

ぐぐってもコンビニでのコスパのいい買い物が出てこなかった。なので実際にコンビニに行き、直感で買うことにした。

家から持ってきたビタミンCとビタミンB2B6のサプリがあるので野菜などは要らないと考える。そして研究室には電子レンジが置いてあるので積極的に使うことにする。

今回は代表的なコンビニエンスストアであるファミリーマートを使用した。

実買

実際に買ったものは以下となる。

  • 濃いお茶
  • 冷凍エビピラフ(レンジでチン
  • ポップコーン

エビピラフは皿がないので袋の上で食べた[図1]。

f:id:ottati:20150422203424j:plain 図1. 袋の上のエビピラフ

合計カロリーは730k位で目標を70k下回った。合計金額は331円となり当初の予算より21円高くなった。

考察と今後の課題

今回の夕飯は栄養価の面からして炭水化物に偏ってしまいバランスが悪い。サプリは野菜の代わりにならないと仮定し、ポップコーンをコンビニ100円サラダ袋にしたとしてもタンパク質が足りない。ポップコーンの代わりにスパイシーチキンを買えば多少バランスは良くなったと考えられるが予算を大きく上回ることになる。

また、研究室の近くに飲める水が無く、お茶を買ってしまったのも予算を超えてしまった要因の1つである。トイレの手洗器から出る水を飲料水と捉えればコストは更に抑えることができる。また、研究室に炊飯器を持ち込む案も出ており、それとトイレの水道水と米によって大幅にコストダウンができると考えられる。

近年では炭水化物を抜いた食事などの研究も盛んに行われている。次回はそれらを参考に麺や米などは買わず、肉や魚などのタンパク質に絞って調達しようと考えている。コンビニエンスストアにおける低コストなタンパク質の摂取法を発見することが今後の課題である。